フリクリ オルタナとプログレ

一回ずつしか見てないので印象くらいしか語れないんだけれども、一応見たので思ったことを記録しておきます。

オルタナとプログレがあるわけだけども、印象的にはプログレの方が好評な模様
まあツイッターはみんなが正直に書いているとも思えないので、
結局のところはわからないけれど。

■フリクリってなんなのか
オルタナが不評でプログレが好評だった違いはなんだろうか。
フリクリファンがフリクリに求めるものってなんだろうか。
それがあったからこそプログレの方が好評なんだろうけども

好評不評と書いてはいるけれど、それもはっきりとここがよかったって書かれていることはほとんどなくて、それは不評だからではなく、フリクリという作品自体が「なんだかわからない作品」だからなんだろうなと思う。

前作は元々が鶴巻さんの青春時代に漠然と抱いた感情や思いを独善的に描いた作品だと思っているので、要所要所視聴者にも共感する部分はあるにせよ、もう作った人しかわからないという部分がとても多いし、そこがフリクリの面白いところだろうと思う。

そう思えばオルタナもプログレも、それぞれの監督が自分なりのフリクリを描いたという意味では、それはもう「フリクリ」と呼べる物なのではないかと思うんだよね。

元々誰かに向けて作られてるものでないというか、見る人を選ぶからOVAだったのだろうし、そういうところはピロウズというバンドとも共通しているからこそフリクリという作品ができたのだろうし、今鶴巻さんが作ってもきっと前作ほどの勢いのあるものは作れないんじゃないかなあ。
そんなわけのわからないもの見て、赤の他人が続編作れって言われても困るよなきっと。って思う。見る人も薄々わかっていたのでは。

不評の部分はハル子の性格についてと曲の使い方だろうか。
確かにここはインストでもいいんじゃないかってところは多かったかなあ

ハル子さんの性格についてはどうなんだろうね、
破天荒さは確かに控えめだったかなあ。
表面上いい事言ってたり人を焚き付けたりするのも、全部自分の利益のためにしか動かない印象だけど、今回はだいぶ丸かったかなあって感じはしたよね。
アトムスクにぎゅっとされて泣いちゃったりさ。

アトムスクもなあ、出てきただけった感じだったのも残念だったかなあ。
まあそういう人の都合には動かされない存在だろうからしょうがないのかもしれないけど、
ハル子とジンユっていう破天荒な女性二人に追いかけられるだけの魅力が見てみたかったかなあ。
けどまあバンドマン追いかけちゃうバンギャみたいなものなのかもしれんけど。
二人もアトムスクに壮大に夢を抱いているんだろうなあって。

そういう意味ではハル子さんも普通の人と同じなんだろうね。
だから今回のハル子さんはこれはこれでハル子さんなんだろうと思う。

■それは置いておいて私の感想
プログレ私は正直前半割と退屈だった
味が薄い分オルタナの方がアニメ作品としてまとまってたと思う

遊園地とかおじいちゃんとか床の間セット上から降ってくるところとか
次元の狭間におばあちゃんいるところとか、そういうところは好き
カンチは無理やり出した感があったかな。けどやっぱりカンチのデザインが一番かっこいいいな。
あと大倉孝二さんの声が好き。

井出くんがスラム住みで肉体労働してるくだりはすげー冷めた…非日常感はアイロンだけでいいと思うわ。あとアイコちゃんのキャラデザも浮いてるなあって思った。
オムニバス形式だからといえばそれまでなんだけど、ハル子の表情がハル子だな~って思う場面は少なかったかな。
漫画っぽくなったり手書きっぽくなる手法も当時は斬新だったけど、今はそんなに目新しくないしな~

あとthankyou(my twilight)使いすぎ
thankyouはさぁ~アニバーサリーイヤーくらいにしか歌われない、ピロヲタにとっては大事な曲なんスよぉ~
あんだけ使われちゃうとちょっとありがたみがさぁ~
でも検索したらアルバム買ったって人がいたから許した(熱い掌返し)

俺らのクソみたいなこだわりよりメンバーの口座にお金はいる方が大事やし

ピロヲタ的にはPillowsの曲を使ってアニメを作ってくれたというだけで8割ほど満足している
ピロウズの曲の良さに気付いて貰える人が増えると嬉しいし、今回もピロウズたくさん使ってくれてほんとありがとうという気持ちがいっぱい。
円盤出たら見直して新たな発見をしたいと思います。

あと爆音上映やってほしい

あっサードアイとノンフィクション使われてて嬉しかったのでPV貼っておきます。

キンモクセイの香り

拍手ありがとうございます!
さぼりまくっててすいません。

8月末から3969、しょばみゅとショバイ三昧で
めっちゃ充実した夏の終わりを過ごしました。
大楽みたかったなあ。
まあでも過去一番多く見れたので満足です。
おかげでひもじい生活を送っていますが後悔はない…

みゅが始まってから3969があった上に
新バンド発表されて、3969の余韻に全然浸る暇がなかったのがどうかと思いますが、
楽しいことが次々にあるのはいいことだ…
ヨカゼはどんな感じで展開していくんでしょうねえ。
女の子バンドも増えるのだろうか。

なんか仕事も忙しくて、帰ってきてからも割と絵描いてたし
全然ブログかく余裕がなかったよね。
そうこうしてる間にピロウズのツアーのアルバム先行の当落が出ているのに気付かず
払いそびれて無効にしてしまい、今とても凹んでいます。ああああ…
前のツアー行けなかったから今回は行きたいんじゃあああ
なんとしてでも取ろうと思います。

あまりにも書くのをサボりすぎていて逆に何を書いていいかわからん…
ぼちぼち1月に向けてやらないといけないな。
とりあえずサークルカットかこうね。

9月描いた色々

9月の終わりに伊豆にいったりプリパラ&プリチャンオータムライブにいったり
9月イベント多かったな。

帰省のこととか

休みの関係で9月を予定してたけど
休みもらえたので8月中に帰ってきました。

直前だと飛行機はバカ高いので電車で帰ったんですが、
大雨で新潟でまさかの足止め…陸路は完全に封鎖ということで
新潟に一泊するはめになったお。

今年は南も台風ひどかったけど
東北もひどくて、このあいだも川氾濫間近まで
相当な雨が降ったみたいだねえ。
その割に降らないところには全然降らないみたいで
水不足の地域もあるとか。ままなまらないものだね。

山形の祈祷師やばすぎ…って話題になってるのはちょっと笑った。

山形で農作物がピンチで6年ぶりに雨乞い祈祷をした結果…

次の日は無事動いて、風で1時間ほど遅れたけどなんとか到着。
弟の嫁さん家族にも会えました。マジ一瞬だったけど。

あとは羽黒山の五重塔が明治以来一般公開されていたので見てきた。
1階がぐるっと中みれて、外階段から3階のぼって心柱が見られたよ。

雨で増水してて、麓の社水ジャバジャバだった。
心柱って不思議だよなあ地面に接地してないんだよね。
心柱支えるブドウの蔓すごすぎだったよね。

羽黒山五重塔特別拝観のページ
http://www.dewasanzan.jp/publics/index/143/

あとは念願の(?)オランダせんべいファクトリー行ってきた。
会員登録すると見学料も無料になる。

作業用の機械とか見れるよ。
私が行った時は袋詰だけ人がいて作業が見れたよ~(試食もできます)
わいこういう作業延々できる、私は無理、などおっかあと喋りながら眺めました。

2階にはカフェが併設されてて、軽食とかお煎餅自分で焼いて食べられたりする。
めっちゃフレーバーあって楽しそうだった。
キッズたちがタッパーに入れてふりふりしてたよ。

お団子食べました。
もっと色々食べたかったけどこの前に
がっつりラーメン食べててお腹いっぱいだったよね。
残念なり。

新しいお店なにか出来るたびに行く
おっかあの好奇心はすごいなって思いました。
そして評価が辛辣。

あとは弟の嫁さんとおっとうとおっかあと餃子作ったくらいですかね。
そこそこ慌ただしかったです。

にゃんども

弟のとこの猫めちゃくちゃ小さいし
実家の猫めちゃくちゃでかいので猫の概念が崩壊する。

ロングさぼり

あいてしまった。
帰省でPCを触らない生活をすると、帰ってきてもそのままの生活になるな。
更新ない間も拍手ありがとうございました!

お盆をすぎると暑さもたいてい落ち着くけど、今年はまだまだ暑くてしんどいね。
雨降ると蒸すし、ゲリラ豪雨がすごい~~雷すごかったね。

とりあえずナイトズーと帰省とペンギン・ハイウェイあたりをさらっと書いていこうかと思います。

まずはナイトズー。上野動物園に行きましたよ。
いつもは5時で閉まるところ延長して8時まで開園していて、
夜の動物の活動なんかが観察できたり、映像上映があったりする感じのイベントです。

まあ3時間くらいあれば充分かな~と思って5時位に着くように向かいました。
ついでにパセラコラボ中のシンカリオングッズなど買いによりつつ。
正門からしか入ったことがなかったし、蓮も見たかったので弁天門口から入りました。
蓮すごかった~。あ、これの一個前の記事に貼った写真です。

特にプランもなく行ったので、とりあえずあんまり今まで見れてないクマ類みるかあ~
とクマ方向に向いながらブラブラ。
一番見たかったマレーグマは見れなかった…いつになったら見れるんだ。

おやつ中のヒグマ。めっちゃでかい。
スイカのサイズに注目してくだせえ。
あのでかさは命の危険を感じるわ。
爪もやばい。背中の分厚さこわすぎ。

アナグマ。アナグマって顔長いね。
やっぱり爪がすごいね。
すごいウロウロしてた。

あとツキノワグマ。
木材で鼻をカキカキしたりしていた。
夏毛だからかコンパクトな印象。

なんかよく見えるところでひっくり返って寝ていたカワウソ氏。

プールで涼んでたトラ氏。

あたいのお気に入りヘビクイワシさんがやたら活発で嬉しかったです。
めっちゃ飛び回ってたしアピール激しかった。
もしかして威嚇なんだろうか…。

などとつぶやきながら回ってたらお友達が反応してくれて、途中で合流して一緒に回った~。
ナショジオのプログラム上映もすごくよかったよ。
不忍池から涼しい風が吹いてきて、まったりしながらきれいな映像で生き物みれるの最高だった。
カエルはいい…。
ナイトズー期間中だけの特別メニューも美味しそうだったけど、
めっちゃ並んでたし食べそびれてしまったな~。また機会があったら行きたいな。

ほとんどの生き物はバックヤードにいて、寝る前の準備的なのんびりした空気が流れていた。
キリンとかサイとかお隣の部屋の同種と顔を寄せ合ったりしていて
晩ごはんの後の家族団らんを見ているような気持ちになりました。
あと猿山のおサルたちも涼しいのか水飲み場のフチの寝づらそうなところで
わざわざ寝ていたりするのも見れました。

動物園に夏ってそういえばあんまり行ったことがなかったので、
トラがプールに入ってるのとかおサルの寝方とかも新鮮でした。

帰省のことも書こうと思ったけどなんだかんだ長くなったので次にします。
台風が来てますね。お気をつけあれ。

ぼんぼんおぼん

お盆ですね。夏休み中でしょうか。
あたいは7月末から先週まで土日が仕事になり、
先週は平日に休みもなかったので中々しんどい日々でした。
帰ってきては風呂入って寝る感じでしたね。
社畜って大変なんだなって思いました。
世の中の終電までお仕事してる人たちって
人の形保てるのかしらってとても心配になりました。

移動が長いってやっぱりしんどいなって
イベントシーズンだからゆりかもめも混んでて
全然景色も楽しめる感じじゃなかったし
乗り換えで結構あるかされるしで都会のえぐさがMAXでしたね。
でもシンカリオン見たあと台場いったら
アイドルイベントでボイメンが進化理論歌ってたのはちょっと感動しました。
エヴァ回よかったですね。

そういえば乗り換えといえば、
内幸町からゆりかもめの乗り場まで結構歩くのですが、
その途中の高架下に焼き鳥屋さんがあって、
帰りに通るときには営業していて、もうもうと煙が立ちのぼり
オレンジ色の提灯の下、ネクタイ姿の人達が
一日の疲れを思い思いに癒やしている姿を見ながら
空腹と疲れと暑さでどろどろになり帰っていたのですが
次の日朝も同じ場所を通ると
夜の賑やかさは嘘のように灰色の壁と同化して、
でも高架下の壁や天井には煙の残り香を感じて
なんだか知らない街に来たような、不思議な気分になったのでした。

壁に毎日のように染み込みなじんだ煙の香りが
焼き鳥屋をやっていた祖母の店の匂いと同じで、
もうずいぶんと忘れていた記憶がそういったきっかけで
ふと蘇ることもあるのだなあと、
お盆ということも相まってものすごい郷愁に包まれたのでした。
祖母がたまには思い出せといっているのかもしれません。
休日出勤のおかげで8月中に帰れそうなので
お墓参りで報告してこようと思います。

そういえば念願のナイトズーにも行ってきました!
また書こうと思います。